JP EN

【バンコクでRun】チャリティミニマラソンに初参加!! 敵は思わぬ所に!!

テニスダイアリー

2015.05.10

酒井です。
本日(5/9)にバンコクで行われた「Run for Save Food」のチャリティミニマラソンに参加してきました!!
5km,15km,30kmの3つの距離でマラソンは行われ、私が参加したのは15km。
 朝の5時に出発したのですが、思わぬ落とし穴が。。。

この日の為に、そこそこトレーニングも積み、気持ちを盛り上げる為の音楽も準備、もしもエネルギーが切れた場合の途中でのエネルギー補給の準備も万全。

朝早かったものの、全ての準備を終え、無事にスタートラインについたのですが、何だか暗雲が。。。。

あれです。

困ったことに、あれです。。。

スタート直前に、トイレに行きたくなりました。

スタート地点周辺の、簡易トイレバスには長蛇の列。。。

「Ready to run? 5,4,3,2,1 GO!!!!!!!!!」

まずいと思いながらも芋洗の様な状態で、人の波に流されながらスタート。。

途中でトイレでもあるだろうと思っていたのですが、甘かった。

コースは高速道路。全く逃げ場のない状態で、それが更にプレッシャーをかけてきます。

そして、、、不安的中。。

6km付近からは、ビッグウェーブも時折くる中、なるべくお腹に負担をかけないよう、振動が少ないであろう、低い姿勢で走り(まるで忍者か!!)、できる限りポジティブな事を考えながら走りました。

そして、、、ゴールのゲートをくぐり抜けた時は本当に安堵しました。

「Run for Save Food」
いや、、、
「Save me please!!」

次回は、トイレのトレーニングを事前に行っておこうと思います。。。

走り終えて、今回のマスコットのミスターキュウカンバー君と

スタッフ紹介

 酒井亮太 APF ACADEMIES
2013年タイ12歳以下、2014年のタイ14歳以下No1選手、そして14歳以下男子タイナショナルメンバーを育成。その他ATF, ITFジュニア、ジュニアオレンジボールの引率を経験。世界で活躍するジュニア育成を目指しています。 

テニスダイアリーの関連記事
APFacademies公式ページ
ツイッターをフォローする
Instagramはじめました!
ご案内
殿堂記事まとめ
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

この記事を書いたコーチ

APF Academies
Written by 
初心者でも安心!一般レッスンからプロ選手コースまで充実。バンコク最大のテニスクラブ、APF Academies。