JP EN

【テニスカフェ】ポイント中のペアへの声がけで、より良いダブルスを目指そう!!

テニスダイアリー

2018.09.20

テニスカフェ ポイント中の声がけ.001
酒井です。
昨日(9/19)のBGクラスのテニスカフェは8名の方にご参加頂きました。
参加頂いた皆様、有難うございました。
ペア同士でハイタッチ、「ナイスショット!」といった声をかけていたりと、皆さん楽しそうにプレーされていましたね。
勝敗も気になるでしょうが、それ以上に沢山の事にトライしたことに価値があると思います。
次回もぜひご参加ください。

さて、より良いダブルスを目指す為に、ポイント中にも下記のような声をかけあいながら次回はプレーしてみてはいかがでしょうか。

1.スイッチ又はチェンジ!

相手に味方前衛の頭の上をロブで抜かれ、自分がボールを取りにいってポジションを変更する必要がある場合は「スイッチ!」または「チェンジ!」と味方に分かるよう声を掛けましょう。

2.そのまま!

1と同様な状況で、ポジションを変更する必要がない場合には「そのまま!」と声をかけましょう。

3.お願い!

ペアに任せっきりでは困りますが、相手のロブを味方に任せる場合は、なるべく早く「お願い!」という事を伝えましょう。
ギリギリまで粘って、急にペアに任せるのはNGです。

4.(ロブ)あげた!

苦しい状況でロブを上げた場合は、ペアにロブを上げた事をすぐに伝えましょう。
必要であれば、パートナーはベースラインまで下がるようにします。

5.前いくよ

アプローチショットを打って前に行く場合や、ロブを打って前に詰める場合にはペアに伝えるようにしましょう。

まとめ

ダブルスはポジショニングがとても大切になります。
味方が正しいポジジョンに動けるよう、声に出して伝えてあげることで、予測や返球に繋がります。
ペア同士で声を掛けながら、隙のない、より良いダブルスを目指していきましょう!!

 

テニスダイアリーの関連記事
APFacademies公式ページ
初心者の方
line
line
ツイッターをフォローする
Instagramはじめました!
ご案内
殿堂記事まとめ
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

この記事を書いたコーチ

SakaiRyota
Written by 
バンコクにて選手育成に携わりアジアを中心に活動する。コーチとしての経験は全国・タイジュニア12歳以下、14歳以下男子の選手をナショナルランキングNo1に導き、またタイ国内での数々のトップジュニアを指導した。 卒業生には日本で活躍するジュニアも多数。 現在は【戦術】を元にした指導方法をプログラム化し、低年齢からの育成に携わっている。
T F