JP EN

プロ選手・コーチインタビュー⑤ 守屋宏紀選手

allout - テニスキャンプ

2015.01.05

こんにちは、笠原正基です。

今回は守屋宏紀選手にインタビューさせてもらいました。

去年も守屋選手にインタビューさせてもらい、今年もまたいろいろなことを聞いてきました!

 

昨年もインタビューさせてもらい、一年が経ちました。守屋選手にとっての2014年を聞かせてください。

今年はランキングを自己最高の146位まで上げたこと、全米のグランドスラムで予選決勝まで進出できたことはよかったですが、全体的にはとても悔しいシーズンだったと言っていました。しかし、その中でもチャレンジャー優勝できたことはうれしかったと語っていました。

 

寺地コーチはズバリどのような方ですか?そして何を重点的に取り組んでおられますか?

寺地コーチとは今年の11月のオーストラリアのチャレンジャーで帯同してもらったのが初めてで、そこでは自分の長所である早い展開にプラスαを加えたテニスを目指して取り組んでいたそうです。寺地コーチはまだ専属コーチではないため、一緒に回る機会はあまり多くないそうですが、その中でも結果を残して一緒に頑張ってもらいたいです!

 

最後に守屋選手の来シーズンの目標を聞いてみました。

守屋選手は昨シーズンと同じトップ100の壁を破るのを目標とすると共に2016年にはオリンピックも開催されます。それまでに少しでもランキングを上げられるよう努力していきたいと言っていました!

2015年の守屋選手の活躍に是非期待しましょう!今回は貴重なお時間をいただき,ありがとうございました。

allout - テニスキャンプの関連記事
APFacademies公式ページ
初心者の方
line
line
ツイッターをフォローする
Instagramはじめました!
ご案内
殿堂記事まとめ
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

この記事を書いたコーチ

Hideki Kaneko
Written by 
以前はプロテニス選手でした。2004年シンガポール、2005年タイでスポーツ事業を始めました。二児の父親となり、娘の名前は「好・はお」と「歌・うた」中国語のニーハオからとったのと、誰からも親しまれる歌であって欲しいそんな願いを込めました。