JP EN

【ジュニアテニス】才能を育むための大切なスパイス

テニスダイアリー

2018.05.10

ブログ表紙 才能を育む為の大切なスパイス.001

酒井です。

前回の記事「うちの子才能ある? ない?」

この中で、以下のように才能は作り出せるという事を書きました。

「プログラム」×「時間」×「努力」=【才能】

今回はこの「才能育成」の数式に加える、大切なスパイスのご紹介。

それは

イメージの共有

 

です。

イメージの共有.001

こちらは私たちが戦術の指導をする際に、説明する内容です。
いかがでしょう。
意味は分かっても、どんな状況、プレーなのかはイメージしにくいのではないでしょうか。
ですので、プレイヤーズクラスや強化練習会では「図」や「動画」を利用して、コーチのイメージを選手と共有しながらレッスンを行っています。

図、イメージ動画.001

このイメージの共有を行うことによって、更に才能がどんどん大きくなっていくんです。

 

(プログラム+イメージの共有)× 時間 × 努力=【才能】

現在、プレイヤーズクラス卒業生の多くが、全日本ジュニア・全国選抜に出場し頑張っていたり、タイの18歳以下の全国大会で活躍しています。

当時、イメージの共有を大切にしながら、週6回の練習(時間)に、トーナメント・遠征・トレーニング(努力)をやっていたことが、彼らの才能の育成に一役買ったのかもしれないと、今改めて考えています。

 

テニスダイアリーの関連記事
APFacademies公式ページ
line
line
ツイッターをフォローする
Instagramはじめました!
ご案内
殿堂記事まとめ
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

この記事を書いたコーチ

SakaiRyota
Written by 
バンコクにて選手育成に携わりアジアを中心に活動する。コーチとしての経験は全国・タイジュニア12歳以下、14歳以下男子の選手をナショナルランキングNo1に導き、またタイ国内での数々のトップジュニアを指導した。 卒業生には日本で活躍するジュニアも多数。 現在は【戦術】を元にした指導方法をプログラム化し、低年齢からの育成に携わっている。
T F