JP EN

スティールを学びましょう

テニスダイアリー

2013.03.06

Suzuki Takao05222
酒井です。
3月13日〜15日まで行う強化練習会で取り組むショットの2つ目に「スティール」があります。
(※参加者は下記の動画を見て、事前にイメージ作りをして下さい。)
スティールについての動画と説明
「スティール」
ラットショット等の外へ追い出すボールで対戦相手のバランスを崩し、相手が返球したスライスや浮いたボールに対してタイミングよくネットを取り、ボレーやドライブボレーできめるための動きのこと。

このチャンスを常に伺う姿勢と、ポイントを確実にフィニッシュする習慣は小学生の時から必ずに身につけておきたい技術です。
一昨年前にアメリカ遠征に行った際、U12のオレンジボール(グリーンクレーコート)では、良い選手はこのスティールを自然に行っていました。彼等は練習しているのがクレーコートということもあり、自然と身に付いている所もあると思います。日頃練習しているコートが、ハードコートやオムニコートであれば、チャンスを逃さない様に常にコーチが指導する必要がありますね。

こちらの「スティール」。興味のある方は、コーチに是非お尋ね下さい。

テニスダイアリーの関連記事
APFacademies公式ページ
ツイッターをフォローする
Instagramはじめました!
ご案内
殿堂記事まとめ
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

この記事を書いたコーチ

APF Academies
Written by 
初心者でも安心!一般レッスンからプロ選手コースまで充実。バンコク最大のテニスクラブ、APF Academies。