JP EN

APFのジュニアトーナメントで勝ちたい!!!

テニスダイアリー

2017.11.09

U10トーナメント
酒井です。
APFの掲示板に貼られている、ジュニアランキング。
ランキング
トーナメントに出場した選手には大会の結果によってポイントがつき、こちらのランキングに反映されます。

「APFトーナメントで勝ちたい!!!」

出場しているジュニアの皆さんは、同じ気持ちだと思います。
ただ、どのトーナメントも勝者は1名のみ。

「勝ちたい」という気持ちのみでは、正直勝つのは難しいです。

以前よりも、トーナメントに出場する子供達の練習量が増えてきているのも理由の一つ。

APFU10

こちらは10/29の10歳以下に出場した子供達

ここに参加している子供達の数名は、APFの練習に加え、学校のチームでの練習、タイのローカルトーナメントへの参加と週何回か練習を行っています。

練習量の多い人に、練習量の少ない人が勝つのは中々大変です。

だからこそ、、、

戦術が大切

強化練習会 戦術

戦術を学んだから練習はいらないという事ではありませんが、
「ポイントの取り方」を学ぶ【戦術】を身につける事は、とても有効です。

これまでもプレイヤーズクラスで指導していた卒業生は、【戦術】を身につけ、タイのナショナルランキングで1位になったり、何人もの生徒がタイのローカルトーナメントでも優勝しました。

 

戦術を学ぶクラスは?

APF 強化練習会 Nov

シングルスの【戦術】に取り組むのは、強化練習会になります。
(戦術に必要な技術は、レギュラークラスでも取り組んでいます。)
「APFトーナメントで勝ちたい!!」と考えている人は、参加してみて下さい。

ただし、、、

【戦術】を理解し、適したボールを打てるようにテクニックを身につけ、実際に試合で使えるようにするには、時間が必要です。

(プレイヤーズクラスのように毎日一緒に練習出来るのであれば、別なのですが)

ぜひ継続して練習に参加して下さい。
少しずつですが、理解が深まり、【戦術】が使えるようになります。

APFのジュニアトーナメントに出場するジュニアプレイヤーが、【戦術】を理解し、質のプレーを出来るようになると嬉しいですね。

テニスダイアリーの関連記事
APFacademies公式ページ
ツイッターをフォローする
Instagramはじめました!
ご案内
殿堂記事まとめ
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

この記事を書いたコーチ

SakaiRyota
Written by 
バンコクにて選手育成に携わりアジアを中心に活動する。コーチとしての経験は全国・タイジュニア12歳以下、14歳以下男子の選手をナショナルランキングNo1に導き、またタイ国内での数々のトップジュニアを指導した。 卒業生には日本で活躍するジュニアも多数。 現在は【戦術】を元にした指導方法をプログラム化し、低年齢からの育成に携わっている。
T F