JP EN

allout beat 2017 Q&A

■現在小学校2年生、キャンプの参加を考えていますが、まだ早いのではないかと不安です。

今までのallout beat の最年少の参加者は小学校1年生でした。
保護者の皆様の役目は、自立するまで選手(子供)の手助けをするのではなく、自立できるように手助けをしてあげる事がとても大切です。また今までのキャンプをみてますと、親の心配、不安は何処吹く風。
選手(子供)というのは親が思っている以上にしっかりしてます。
その国、人と場所、文化、言語にも順応するのがとても早いです。
また海外でも同じアジア内でまず経験しておくことにより、アメリカやヨーロッパなどのキャンプ、またITFジュニアなどにも参加しやすくなります。
このキャンプでは技術の向上は勿論ですが、生きる力を身につけ、自ら決断し実行する積極的な心が育つようにプログラムに取り組んでいます。
1、2年生で参加を考えておられる選手は、一度スタッフにご連絡下さい。

■洗濯はどのようにしていますか?

今年から宿泊場所の各部屋に洗濯機と乾燥機がついていますので、自分で洗濯する事になります。
衛生面から体調を崩したりすることもあるので、選手は毎日の洗濯、そしてコマメにシャツを着替えるようにします。
着替えは最低3日分は困らないようにお持ち下さい。

■初めての参加なので1週間にしようと考えていますが

初めての海外、初めて親元を離れるなど色々な心配があると思います。予定通り一週間からの参加で問題ございません。
一つ付け加えますと、可能であるならば変更可能な航空券の購入をお勧め致します。
一週間参加の選手は殆どの選手が延長し二週間に変更をしています。その中航空券を買い直した選手もおりました。

■体調を崩した場合どのようにしたらいいですか?

毎日猛暑と慣れない団体生活、今までにない緊張感の中で練習を行いますので体調を崩す選手もでてきます。
一番は皆元気で体調を崩さないことですがそうもいきません。
この時期のバンコクのコート上は 40 度以上の猛暑が予想されます。
暑さ対策、怪我、病気への対応等が必要です。
暑さ対策の一環として、帽子の着用、UV加工されているサングラスの着用を(有害な紫外線の防止、目の怪我対策)お願いしたいと思います。
怪我、病気について、猛暑時の練習、トレーニング、また食生活の変化による体調不良は否めません。
手洗い、うがい(うがい薬は常時用意しています)、十分な睡眠、栄養(プロテイン、 ビタミン、鉄分等の補給食品は各自でご用意)を常に選手達へ心がけさせるようにしています。
各選手、通常使用している常備薬がありましたら持参願います。また体調を崩した場合には早めに病院に行き、注射を打つと早めの回復が見込めます。
タイの医療は国策として最先端の医療を取り入れており、特にBumrungrad International Hospitalは世界的に有名な病院です。
緊急時の病院(常時日本語通訳が在中する病院)
Bumrungrad International Hospital
BNH Hospital
Samitivej Sukhumvit
上山 珠実  Tamami Kamiyama  あざみ野ローンテニススクール所属

DSC 7843a  タイの病院の良さと保険の重要さを感じました。
   今回の滞在では、タイの病院の良さと保険の重要さを感じました。
体調悪くした選手について病院に行くと、そこは、、、

■海外保険は加入した方が良いでしょうか?

必ずご加入下さい。
又、加入証明書や資料をお持ち下さい。キャッシュレスにすると各指定病院から直接保険会社に請求でき、精算も楽に行えますのでお薦めです。
メジャーな保険会社は上記の病院に基本的に対応していますがその中「三井住友海上火災保険株式会社」が殆どの病院に対してキャッシュレスで対応しています。

■おこずかいはどれぐらい持たせれば良いですか?

キャンプ期間中に必要なお金は、約30,000円です。
レクレーション代金約10000円。ドリンク代金、ガット張替え代金 約10000円。 その他お土産代金+緊急費用約10000円。
大体この位の金額をお持ちください。

 

  ■冬休みすべてをこのキャンプに費やすことになりますが、宿題をやる時間はありますか?

宿題、及び各課題に取り組む時間、なにも話さない読書の時間なども設けています。
また選手自身も空き時間に勉強をする練習も今後ツアーをまわるにあたってのトレーニングとなります。

■会場までの移動。また個人参加の場合、一人の移動が不安です。

空港までスタッフが迎えに行き、貸し切りバスで送迎致します。帰りの際も空港のチェックインカウンターまで送迎致します。
個人参加者の場合は個人参加者同士のフライト状況をキャンプ側で把握し、出来る限り、一緒にフライト出来るようにアレンジを致します。候補のフライトをお知らせ下さい。

■予防接種は必要ですか?

インフルエンザの予防接種をお薦めします。
夜間になると蚊の発生が多くなりますので、長袖、長ズボンを着用するなど蚊にさされないよう十分に注意することを心がけて下さい。

■どのような食事を取っていますか?

日本食を中心に、アジア・インターナショナルな食事です。
アレルギーや食事制限がある選手にも対応しますので、事前にお問い合わせください。


■海外ということもあり治安がよいか不安です。

基本的に施設周辺での生活となりますのでご安心ください。
その他に他会場での練習、観光(1日)で施設の外に出ることがありますが、貸切バスでスタッフが引率します。

■個人での参加は可能ですか?

もちろん可能です。はじめて海外にトライする選手もたくさんいます。
ジュニア選手一人での参加もお待ちしております。

■保護者の同伴は可能ですか?

見学等の制限は致しません。選手の成長過程を見るなど、ご自由に見学をし有意義に時間を過ごして下さい。

 

■具体的に何を持っていけばいいですか?

事前に持参物リストでお知らせ致します。忘れ物の無いように早めの準備を心がけましょう。

■両替は出来ますか?

タイ国際空港及びバンコク市内で両替できます。日本で両替するよりもお得です。

■練習用の飲み物は購入できますか?

施設内に売店を設けており、ミネラルウォーターを販売致しております。ジャグやスポーツドリンクの粉末の準備をお願いします。

■遠征の経験や戦績がなく、レベルについていけるか不安です。

プロ選手から試合に出たことのない選手までが成長したいという気持ちでひとつになるのがこのキャンプの素晴らしさだと考えています。
本人に参加の意思があればもちろん参加可能です。

■具体的にどのような内容について取り組みますか?

2年前のallout beat 2015をビデオにまとめました。
一度ご覧になってみて下さい。
allout 2015総集編allout 2014総集編

■子供だけの参加を考えております。現地の情報や近況を知らせて頂けますか?

キャンプ地の情報が少しでもダイレクトで伝わるように、facebook専用ページを作りました。
昨年のページをご覧下さい。
allout 2016 facebook pageallout 2016 ブログ